そのエアコン工事費用は妥当か|業者選択で失敗したお客様の声

そのエアコン工事費用は妥当か|業者選択で失敗したお客様の声

エアコン工事で絶えない、工事代金トラブルについて

「取り付け代金で5万円請求され業者と揉めた」「結果的に見積りの3倍の費用がかかった」などエアコン工事において、その工事代金絡みで業者とトラブルになるお客様が多くいます。実際にそのようなお客様からお問合せいただくこともありますし、ネット投稿で見かけることも少なくありません。

この問題については業者側・お客様側、どちらが悪いのかはその現場を実際に見ない限りは判断が難しいのが実状です。お客様の無知に漬け込み、強引な悪質営業を行う業者も存在する一方で、ただお客様が知らないだけで工事業者側としては当然のことという場合もありますので、お客様の理解も必要にあなります。

低単価請負の下請け業者による高額な追加費用の実態

インターネットで検索して検索画面にすぐ出る全国対応を謳う業者(会社)や格安料金が大々的に押し出された業者に問い合わせ、依頼するお客様も多いのではないでしょうか?

その際、実際に工事に来るのは全国で提携している小さな会社、個人業者です。このような業者はお客様が支払う工事代金の50~80%の売り上げになります。工事にかかる時間、部材費やガソリン代などを考慮すればなかなか厳しい状況です。そのため少しでも売り上げを挙げるべく、必要のない部材や作業をほぼ言い値で請求したりすることもあります。

当然、お客様は聞いてないでしょうし確認もしていない、工事のこともよく理解しているわけでもないので、トラブルになりやすくなります。

エアコン工事費用は一律ではない

しかし、それが悪質な営業でなく、真っ当な理由での追加費用もあるわけです。

多くのお客様が「エアコンは1~2万くらいで取り付けられる」と思われていますが、エアコンの機種、現場の状況、施工方法でその組み合わせによって当然もっと費用はかかります。1~2万円で済むのは概ね「標準工事」と言われるものです。標準工事でない工事内容や部材が多く必要な現場では当然のごとくその代金が別途かかります。

問い合わせ時に正確な内容を伝え、見積りを。

工事業者に問い合わせをすると、どんなエアコンなのか、どんな現場でどのようにエアコンを設置するのかなどの質問をされます(少し質問が多いくらいの業者のほうが信頼度・高)。それら質問に回答し、さらにお客様からの要望やより詳しい状況について伝えることを心掛けてください。

「当日に追加費用はありますか?」の質問も忘れずに。電話オペレーターのお姉さんだと「当日伺う職人に聞いてください」くらいしか言わない(言えない)ので注意してください。安く見積もっておいて現場で追加費用を請求しなるべく逃げられないようにされる可能性が高いです(多くのトラブルはこれ)。

もちろん、業者選びで大切なのは工事代金だけはありませんが、やはり大事なポイントでしょう。工事費用についてのご相談、お見積り、T-NETサービスまでお気軽にお問い合わせください。徳島県にて出エアコン工事、アンテナ工事、各種電気工事を長年行っております。